本学科の学生が全日本学生ヨット選手権大会に出場し 470級のクラス優勝を獲得しました!

本学科の4年生である市川一帆くんが,2016年11月2日から6日に開催された「第81回全日本学生ヨット選手権大会」に出場し,この大会の470級で見事にクラス優勝を果たしました。この大会は,北海道から九州水域と各水域で予選を勝ち上がってきた大学のみが出場できる大会であり,470級およびスナイプ級の2クラスで競い合う大会です。今回のクラス優勝は,日本大学では11年ぶり8回目となるものです。また,スナイプ級では6位,総合3位という結果となりました。
市川くんは卒業テーマ研究として芦ノ湖の水温・水質に関する研究に日々取り組んでおり,その中での今回のクラス優勝はまさに学業とスポーツの両立を成すものといえます。

今後のさらなる活躍が期待されます。

 

以下,市川くんのコメントです。
これまで4年間のヨット競技を続けてきて,その集大成としてクラス優勝を得ることができました。今回の結果から「努力するもの,天をも制す」という部訓が示すように,何かを得るためには努力し続けることが大切だと痛感しました。これまで支えて頂いた多くの方々に感謝申し上げたいと思います。どうもありがとうございました。