海外実地研究

海外実地研究とは?

文理学部の総合科目 「海外実地研究」は、文理学部に属する学生を対象に、国内だけでは得られない体験を通じて、生きている地球の成り立ちやその上に立脚する人間生活のあり方を学ぶための科目です。これまでに「ハワイの火山と自然環境」、「アメリカ西部カスケードの火山」、「中国大陸東部の山、デルタ、湖、河川、黄土」、
「イングランド南部の地質と自然-近代地質学発祥の地を訪ねて-」などのテーマで実施しています。机の上の勉強だけでなく、ダイナミックな自然の中に身を置いて、生きている自然を学びます。本物の体験をすること、これが地球を学ぶ正道であり、また地球科学科ならではの醍醐味です。2回以上参加する学生さんもいるほどの人気科目です(※必修科目ではありません)。

これまでに実施された世界各地での実習の様子

平成28年度(2016)

平成27年度(2015)

アメリカ西海岸および西部の気象・気候と地形の関係を調べる

生きている火山ハワイ島で自然を学ぶ

平成26年度(2014) アメリカ西部コロラド川流域の気候・気象と自然環境の関わりを調べる
平成25年度(2013) ハワイの火山とその成り立ち
平成23年度(2011) 生きている火山ハワイ島で地球の鼓動を体験する
平成22年度(2010) 三国志の舞台・長江中流域の自然環境を調べる
平成21年度(2009) 世界自然遺産ハワイ島の火山を訪ねて
平成20年度(2008) アメリカ中西部ロッキーマウンテン一帯の自然環境 -火山活動および氷河・湖沼変動地域と地球科学研究センターを訪ねるー
平成19年度(2007) ホットスポットの火山島ハワイ ー生きている火山の自然を訪ねてー
平成18年度(2006) シルクロード地帯の環境変遷から現在の広域気候変動を考える
平成15年度(2003) イングランド南部の地質と自然-近代地質学発祥の地を訪ねて-
平成14年度(2002) ハワイ諸島の火山噴火と自然環境
平成13年度(2001) 中国大陸東部の山,デルタ,湖,河川,黄土
平成12年度(2000) 火山活動のタイプ-イタリアの火山-
平成11年度(1999) カスケードの火山活動と自然環境の変遷
平成10年度(1998) アメリカ西部カスケードの火山
平成8年度(1996) ハワイの自然と成り立ち