環境地球化学研究室

 屋久島の河川水の水質調査
 酸性鉱山廃水の環境への影響を学習

環境地球化学研究室では、雨水から河川・湖沼・地下にある水まで、地表付近にある水の環境に関する問題を扱っています。これら水について化学的アプローチにより水質がどのように形成されているのか?水質汚染の原因はどのようなことにあるのか?などを明らかにする研究を行っています。3年次にはこれら問題が生じている野外へと調査に出かけ、試料の採取を行います。これら試料の実験室での分析、得られたデータの解析を通じて、問題の解決方法を身につけます。そして、4年次には、自らが水環境に関係するテーマを見つけて卒業論文を作成します。これを通じて身に着く問題解決能力は卒業後に出会うであろう様々な困難な局面で活かされることでしょう。

教員: 准教授 山中勝

更に知りたい人は環境地球化学研究室のホームページ