日本大学 文理学部 社会福祉学科

学科案内資料

Contents

卒業後の進路

卒業後の進路

卒業後の進路 ⇒ 大きな可能性と幅広いフィールドへ

社会福祉学科卒業後の進路としては、地方自治体の公務員(福祉職)を中心に、児童・高齢者・障がい者分野や地域福祉など多様な福祉分野、医療分野、教育分野における相談援助に関する福祉専門職(社会福祉士)、また、一般企業においても多様な対人サービス業など、幅広い分野への就職が考えられます。

最近の主な就職先(社会福祉コース履修生)

卒業生の声(メッセージ)

社会でご活躍中の卒業生の皆様からメッセージを頂きました。(五十音順 2017年4月現在)

神崎 拓真さん(平成28年度卒業生)

神崎 拓真さん

私は、少年院で法務教官という仕事をしています。法務教官は、非行少年が再非行しないように矯正教育を施すとともに、社会復帰支援を行なっております。少年院の少年は、家庭環境や地域社会から孤立していることが多く、大学で得た社会福祉の知識や実践が役立つことが多々あります。特に、新少年院法が施行されてから、社会復帰支援が少年院で重要な位置を占めるようになり、今後ますます社会福祉の知見が求められます。みなさんも非行少年の支援に携わってみませんか。

法務省矯正局 多摩少年院
法務教官

久保 倖汰さん(平成28年度卒業)

久保 倖汰さん

私は現在、生活保護のケースワーカーをしています。主に保護費の調整、居宅訪問、各種サービスの調整などを通して、支援を必要とする区民の生活保障・自立促進を行っています。大学入学当初は生活保護制度について全くの無知だったのですが、日々の講義や社会福祉実習の中で挑戦してみたいと思うようになりました。社会福祉は、必要な状況にならない限り触れる機会が少ないものだと思います。4年間を通じて様々な分野の中からピンとくるものが見つかれば、ぜひ福祉の現場で協働していきましょう!

世田谷区北沢総合支所 生活支援課
保護・自立促進担当

田辺 彩乃さん(平成28年度卒業生)

田辺 彩乃さん

病院に配置される社会福祉士(MSW)は、社会的・心理的・経済的に不安がある患者さんと共に不安を解決していくことや将来のことについて考える専門職です。私は学生時代に社会福祉学科で「専門職として当事者の意思決定を支える」ということを学びました。現在の仕事においてもその考えを大切にしながら患者さんと対峙しています。4年間の学びでは、自分自身の関心について突き詰めることができ、卒業後も活かすことができると思います。

IMSグループ医療法人財団 明理会
東戸塚記念病院 医療福祉相談室ソーシャルワーカー

学科案内資料
PAGE TOP