大学院の紹介
 大学院は公式には「文学研究科教育学専攻」と称し、人文系・社会系の他の専攻と同様に、博士課程前期(修業年限2年、単位を取得し提出論文が合格すれば「修士(教育学)の学位が授与される」)、博士課程後期(修業年限3年、提出論文が合格すれば「博士(教育学)」の学位が授与される)から構成されています。
 高度な学術知識を備えた専門的人材および優れた研究能力ある研究者の育成を目的として、すでに数多くの人材を教育学分野の学界に送り出しています。教育学の学界において日本大学大学院教育学専攻の名はよく知られていて、日本教育学会、教育史学会、日本比較教育学会など、全国規模の学会大会の会場提供を委嘱されることが少なくありません。
 教育学研究者ばかりでなく、高等学校の専修教員免許状取得の途も開かれていて、高い専門性と資格とをもつ、優れた教員を教育界に供給しています。
 現状では、「教育学専攻」には上述の「教育学」と「体育学」との二つの専攻領域がおかれています。学生はいずれか一方の領域の科目のみを学習することも、二つの領域の科目を適当に履修することも可能です。
 学部卒業後、より深く教育学を学ぼうとする君たちを、大学院文学研究科教育学専攻は門戸を広くあけて待っています。

〒156-8550
東京都世田谷区桜上水3-25-40
電話    03-5317-9714
FAX  03-5317-9425


大学院に関する案内
大学院のカリキュラム 

  教育学専攻の大学院には、教育学・体育学の各領域の教員による専門的なカリキュラムが用意されています。科目名や講義内容の詳細については、上のリンクからジャンプしてご覧ください。
 また、過去問題の公開をおこなっております。詳しくは研究室までご連絡ください。


Back