このページに掲載されている内容について、疑問やご不明点などございましたらお気軽にお問い合わせください。 お問い合わせフォーム

社会福祉学科

日本大学文理学部> 学科•大学院> 社会福祉学科

このページの内容を印刷

社会福祉学科

社会福祉学科
福祉を学び、未来をつくる
社会福祉は、幸せな社会の基盤を支える学問です。
社会福祉学は、ハンディを抱える人や日々の生活で様々な困難に直面している人たちが、暮らしやすい生活環境をつくるためにはどの様にしたら良いかを考える学問です。私たちの生活は多様であり、その相談・支援には幅広い教養と専門的な知識、豊かな人間性と多角的な視野が求められます。社会福祉学科これまで多くの社会福祉士を輩出してきた「社会福祉コース」の実績を基に新設された学科です。

1.教育研究上の目的及び教育理念・目標

社会福祉に対するニーズが高まり、福祉専門職の養成が極めて重要になってきています。社会福祉士の養成に一層力を入れ、高い福祉マインド(倫理観と福祉理念)と福祉実践力、福祉マネジメント能力を備えた専門家の養成をめざします。社会福祉の専門科目や現場実習を中心とした実践的な教育をはじめ、幅広い分野の学問を体系的に学ぶことができます。さらに、地域と連携したボランティア活動や学生の社会貢献へのバックアップなど、総合的な授業カリキュラムで学生を支援します。

2.アドミッション・ポリシー

1 大学において専門的に学ぶために,高等学校までの各教科の基礎が身についている人物を求める。

2 さまざまな社会問題や格差に対する鋭い問題意識,人権意識をもち,よりよい社会のありようを探求する意欲をもつ人物を求める。

3 社会福祉問題に強い関心があり,福祉社会をめぐるさまざまな課題を他者と協力して解決しようとする意欲や主体性がある人物を求める。

4 クラブ活動やボランティア活動に積極的に取り組み,他者とコミュニケーションをとり,協調的・建設的に共同作業に取り組もうとする人物を求める。

平成21〜24年度就職分野(社会福祉コース履修生)

卒業後の進路としては、地方自治体の公務員(福祉職)をはじめとして、児童・高齢者・障がい者分野や地域福祉など多様な福祉分野、医療分野、教育分野における相談援助に関する福祉専門職(社会福祉士)、また、一般企業においても多様な対人サービス業への就職が考えられます。

平成23年度就職分野(社会福祉コース)

卒業後の進路

  • 公務員等
  • 地域の多様な分野における相談援助職
  • 一般企業における様々な対人サービス業

関連リンク