このページに掲載されている内容について、疑問やご不明点などございましたらお気軽にお問い合わせください。 お問い合わせフォーム

心理学科

日本大学文理学部> 学科•大学院> 心理学科

このページの内容を印刷

心理学科

心理学科
歴史ある心理学科では、基礎から応用まで心理学の全領域をカバーし、社会の中で活かすことのできる科学的な人間理解への道を拓きます。
心理学は人間の心に科学的なアプローチをする学問です。その領域は、基礎から応用まで実に多彩です。私立大学の中でもっとも歴史ある日本大学心理学科では、臨床心理学・社会心理学・環境心理学・生理心理学・老年心理学・認知心理学など、心理学のほとんどの領域の、最新の知見を学ぶことが出来ます。また、3年次からの臨床心理学コースと行動科学コースの2コース制により専門的な学習を深めることも出来ます。

1.教育研究上の目的

「人間のこころ」を科学的に理解するための心理学的知識や方法を習得し、それらを自分自身で応用する力を身につけ、社会に貢献できる人材を育成します。

2.教育理念・目標

心理学の基礎領域の学習を重視します。心理学における基礎的な知識や学問の方法、思考方法を習得した上で、応用領域も系統的に学習できるよう構造的に教育を行います。また、自主的に研究を行うことができる人材を育成するために必要な教育環境を提供します。これら教育理念達成のために、講義形式の授業のほかに、少人数クラスで体験的に学習するための演習、実験実習形式の授業を実施します。1年次および2年次には心理学の基礎や方法論および心理学全般にわたる知識を学びます。3年次以降は自らの興味関心ある分野を定め、特定領域の心理学を専門的に学びます。4年次には各教員のゼミに所属して一層専門性を高めるとともに、自ら研究テーマを設定し実証的な心理学研究を行うことを目標とします。

3.アドミッション・ポリシー

 日本大学は,「自主創造」の気風をやしない,文化の進展をはかり,世界の平和と人類の福祉に寄与する人材の育成を目的としている。
 この理念のもと,文理学部は,人文系・社会系・理学系にわたる各学科において専門知の基礎を学ぶとともに,「文」と「理」を架橋した深い教養とそれらを複合的に生かす実践力を身につけ,現代社会に貢献する人材の育成を目指している。こうした本学部の目的をよく理解し,自己と社会を変え,世界的な課題の解決に取り組む,強い意欲と情熱のある学生を望んでいる。
 心理学科においては,日本大学及び文理学部の方針を受け,さらに心理学科で勉学を受けるにふさわしい学生を受け入れるために多様な選抜方法を実施しているが,その前提として入学者には次のことを求める。

1 旺盛な知的好奇心をもち,既存の考えに縛られない創造性がある。

2 多様な文化や社会に対して強い関心を抱き,違いを乗り越えていく積極性がある。

3 自然や人間・社会の複雑な働きについて考察し,問いを発することができる。

4 問題の解決に向けて,社会や世界に実践的に働きかけていく意欲がある。

5 日本語を中心とする基礎的なコミュニケーション能力をもっている。

6 「人間のこころ」を科学的に理解するための基礎知識や方法を習得し,それらを自主的に応用・実践する力を身につけ,実社会に貢献したいという意欲がある。

平成27年度就職分野

心理学科卒業生のほとんどは民間企業に就職し、その分野も金融、運輸、建設、小売業など多岐にわたります。その他、公務員が1割程度、また最近では臨床心理士を目指す学生の大学院への進学者も増加しており1〜2割となっています。

平成27年度就職分野(心理学科)

主な就職先

三井住友銀行 横浜銀行 野村證券 日本生命保険
東日本旅客鉄道 NTT東日本 積水ハウス 住友林業
山崎製パン 日本ロレアル 凸版印刷 山洋電気
小糸製作所 東京ガス 大日本住友製薬 ぺんてる
オプト 全日本空輸 セガ 仙台放送
オリエンタルランド エイチ・アイ・エス 髙島屋 警察共済組合
東京商工リサーチ 国家・地方公務員 ほか

学生が取得している主な資格

中学校1種免許(社会) 高等学校1種免許(公民) 司書教論 司書
学芸員 認定心理士 社会福祉主事 社会教育主事

関連リンク