このページに掲載されている内容について、疑問やご不明点などございましたらお気軽にお問い合わせください。 お問い合わせフォーム

教育学科

日本大学文理学部> 学科•大学院> 教育学科

このページの内容を印刷

教育学科

教育学科
教育学科では哲学、歴史、社会学、心理学をはじめとする諸学問を「教育」という視点からアプローチし、さまざまな研究分野を探究していきます。
教育学は、哲学、歴史、社会学、心理学をはじめとする諸学問を「教育」という視点からアプローチし、行政、制度、学校、教師、幼児教育、生涯学習、図書館、比較教育、メディア教育などさまざまな研究分野を探究していくものです。教員をめざす人も、広く社会の教育的部門で活躍したい人も、教育学科なら学びたいことが見つかるはずです。

1.教育研究上の目的

教育については、原理的かつ総合的に学習することにより、教職をはじめとする多様な分野において活躍し得る人材を養成します。研究については、教育に関する幅広い視野と問題意識をもつ多くの教員を擁し、各分野における最前線の研究活動を通じて、その成果を学生に還元します。

2.教育理念・目標

人間が文化的生活を送り、社会を形成していく上で重要な役割を果たす「教育」は、重要であるからこそ難しく面白いものです。教育学は、哲学・歴史・社会学・心理学をはじめとする諸学問を「教育」という面からとらえ、行政・学校・幼児教育・生涯学習・メディア教育など、さまざまな研究分野を探求する学問です。教育学科の多彩な教授陣による多様なカリキュラムは、皆さんの成長に寄与します。

本学科では、多様なカリキュラムから自分のニーズに合った授業を選択して学ぶことが出来ます。教員を目指す学生にとって、社会科・公民科のほか、他学科聴講により地理歴史、国語、英語、保体、数学など複数科目の免許状を取得できるのが本学科の強みです。このほか、社会教育主事コースなど異なるコースの資格取得を目指すことも可能です。もちろん、一般企業や公務員への就職を希望する人も多く、その就職率も毎年良好です。教員一同、皆さんの成長を応援し、全力でサポートしています。

3.アドミッション・ポリシー

 日本大学は,「自主創造」の気風をやしない,文化の進展をはかり,世界の平和と人類の福祉に寄与する人材の育成を目的としている。
 この理念のもと,文理学部は,人文系・社会系・理学系にわたる各学科において専門知の基礎を学ぶとともに,「文」と「理」を架橋した深い教養とそれらを複合的に生かす実践力を身につけ,現代社会に貢献する人材の育成を目指している。こうした本学部の目的をよく理解し,自己と社会を変え,世界的な課題の解決に取り組む,強い意欲と情熱のある学生を望んでいる。
 このような条件に合致する学生を受け入れるために多様な選抜方法を実施しているが,その前提として入学者には次のことを求める。

1 旺盛な知的好奇心をもち,既存の考えに縛られない創造性がある。

2 多様な文化や社会に対して強い関心を抱き,違いを乗り越えていく積極性がある。

3 自然や人間・社会の複雑な働きについて考察し,問いを発することができる。

4 問題の解決に向けて,社会や世界に実践的に働きかけていく意欲がある。

5 日本語を中心とする基礎的なコミュニケーション能力をもっている。

平成27年度就職分野

4割以上(講師を含む)が現役で教員に採用され、大学院に進学したり、講師経験を経て教員になったりすることも多くあります。全卒業生の半数以上が教員になっています。公務員合格者等も多数輩出していますし、一般企業では 多様な業界に卒業生を輩出しています。例年、本学科の就職率は100%に近く、極めて良好です。

平成27年度就職分野(教育学科)

主な就職先

三菱東京UFJ銀行 三井住友海上火災保険 三菱UFJニコス 東日本旅客鉄道
東京地下鉄 カゴメ 東洋水産 ヱスビー食品
LIXIL ドウシシャ ウェザーニューズ 東京書籍
日本ハウズイング 全日本空輸 JTB首都圏 近畿日本ツーリスト
NHK 日本年金機構 テイクアンドギヴ・ニーズ サマンサタバサジャパンリミテッド
国家・地方公務員 公立・私立学校教員 ほか

学生が取得している主な資格

中学校教論1種免許(社会) 高等学校教論1種免許(公民) 司書教論 司書
学芸員 社会教育主事 社会福祉主事 など

関連リンク