このページに掲載されている内容について、疑問やご不明点などございましたらお気軽にお問い合わせください。 お問い合わせフォーム

物理学科

日本大学文理学部> 学科•大学院> 物理学科

このページの内容を印刷

物理学科

物理学科
物理学科は、素粒子から宇宙全体まで、物理を基盤としてあらゆる現象を研究・教育対象とする学科です。
物理を基盤として、原子核・プラズマ・電子などミクロな現象から銀河・宇宙など巨大スケールの現象を、また基本的な理論計算から発光材料、超伝動材料、磁性材料など汎用的応用が検討されている分野まで幅広く教育・研究をしています。高校では「化学」「生物」の分野とされていたことも「物理」が拡張できる分野として教育・研究対象になっています。

1.教育研究上の目的

科学の基礎である物理学の教育を通して、科学的な思考力や判断力を身につけ、これからの科学技術および産業の発展に貢献できる科学技術者や、次世代の教育に貢献できる理科の教員を育成します。

2.教育理念・目標

現代物理学の体系を理解し、それを様々な分野に応用する能力を身につけることを目指したカリキュラムを用意しています。

1年次では大学で学ぶ物理学を理解するために、物理学の基本的な考え方や方法と物理学の理解に必要な微分・積分を中心とした基礎的な数学を学びます。2年次では力学や電磁気学等の古典物理学の基礎と、物理学全般の理解に必要な数学について講義科目に加えて演習科目も多く設置し、基礎学力とその応用力を時間をかけて養成します。3年次では2年次までに学んだ古典物理学の基礎の上にたって、量子力学や統計物理学等のさらに進んだ物理学を学び、専門分野の研究に対応できる能力を修得します。4年次では各教員の研究室に所属して専門分野の学習、研究を行うことにより、先端科学技術の発展に対応できる専門能力を養成します。

3.アドミッション・ポリシー

文理学部のアドミッション・ポリシーのもと、現代の先端科学技術の発展に対処できる基礎的な学力と専門的な知識を習得し、未来の科学技術及び産業界の発展に貢献しようという学生を迎え入れます。

平成27年度就職分野

物理学科の卒業生は毎年幅広い分野に就職して、各界で活躍しています。最近では、製造業よりも情報関係に就職する割合が増えてきました。また、より高度の専門知識を得るために大学院に進学する学生が年々増えています。物理学科では、学科独自に会社説明会や卒業生による就職のための講演会を毎年開催しています。また、就職指導の先生や卒業研究のゼミの 先生方がきめ細かい親身の就職指導を行っています。

平成27年度就職分野(物理学科)

主な就職先

第一生命保険 ジャックス 三菱商事フィナンシャルサービス 東日本旅客鉄道
エスフーズ 日本IBM チノー 日本電産コパル
中外製薬 ユニバーサル製缶 エレコム エクセディ
オーデリック アイネス 東芝ソリューション 日本デジタル研究所
エイチ・アイ・エス ドワンゴ ニトリホールディングス 国家・地方公務員
公立・私立学校教員 ほか

学生が取得している主な資格

中学校1種免許(理科) 高等学校1種免許(理科) 司書教論 司書
学芸員 社会教育主事

関連リンク