このページに掲載されている内容について、疑問やご不明点などございましたらお気軽にお問い合わせください。 お問い合わせフォーム

地理学科

日本大学文理学部> 学科•大学院> 地理学科

このページの内容を印刷

地理学科

地理学科
地理学は、自然と人間の関係について総合的に考察する学問です。その成果は、環境保全、産業立地計画、地域政策、教育などの分野で活用されます。
地理学は、ある“地域”が現在のカタチになっている要因やプロセスについて、「人間と自然のかかわり」から総合的に探り、考える学問です。地域は地形・気候・歴史・文化・経済・社会などの諸要素が互いに関わり合うことで成り立っています。地理学は地域のこうした各要素について詳しく調査し、分析・考察を行い、諸要素の関わりについて考え、複合的・総合的にその特性を見出すことを目指しています。当学科では、“地域”を診断し展望する専門知識を身につけ、地域の情報を収集して分析する技術や問題を解決する能力を養い、それらを現代社会の様々な場面で活かせる人材を育てています。

1.教育研究上の目的

本学科は、「地理学の対象となる広範な分野の講義から幅広い知識を吸収し、あわせて演習や実習・実験を通してそれらの知識を応用する能力を身につけることで、自らの調査・分析にもとづいて現代社会の諸問題を解決できる自主的、実践的な人材」の育成を目指します。

2.教育理念・目標

地理学は、人文・社会・自然科学のあらゆる分野にわたって総合的な見地から資料を収集・分析し、地域固有の実情にも配慮した考察を行って、諸現象に関わる情報を整理して提示するとともに、課題解決に向けた施策への提言を行うことが可能な科学です。したがって地理学を実践するものは、今日、複合的な要因によってもたらされ、地球規模で進行する環境や社会にかかわる諸問題に対して、積極的に取り組み主導的な役割を担うことが出来ます。そこで当学科は、こうした地理学の特性・特長を十分に理解し、その実現に向けて努力・活躍できる人間を育てるために、つぎの教育目標を掲げます。

  1. 広く自然から人文にわたる諸分野の知識を教授し、知的好奇心を喚起することによって、みずから学び理解する能力を培います。
  2. 地図や統計などの地理情報とGISを駆使するとともに、資料の収集や観測、実験、聞き取りなどによる現地調査を行い、地域の実態を総合的に分析し問題を解決する実践力を養います。
  3. 知識力・実践力を活用し、環境保全計画や災害対策、産業立地計画や地域政策、シンクタンク、観光業界、中学・高等学校の教育職などの諸分野で活躍する人材を育成します。

3.アドミッション・ポリシー

文理学部のアドミッション・ポリシーのもと、地理情報を基本として自然地理学や人文・社会地理学の諸分野を柱に、実験や野外実習の技術を学び、世界や日本の地域的な諸課題の解決能力と、地域社会の持続的発展に寄与し貢献する学生を迎え入れます。

平成27年度就職分野

卒業後の進路は多方面にわたりますが、特に地理の知識や地図を活用できる能力を活かして、中学・高等学校の教員、官庁・自治体の公務員のほか、地理情報・市場調査・コンサルティング部門、流通、運輸、観光、不動産業界などへの就職が目立ちます。また、最近では大学院に進学する学生も増えています。

平成27年度就職分野(地理学科)

主な就職先

東日本旅客鉄道 東海旅客鉄道 東京地下鉄 小田急電鉄
はとバス 積水ハウス 住友不動産販売 東洋水産
東レ 武田薬品工業 キッセイ薬品工業 共同印刷
三菱食品 トーハン LIXIL 田島ルーフィング
貝印 NTT東日本 パスコ オオバ
バンダイ ベネッセコーポレーション クラブツーリズム 日本郵便
日本年金機構 地方公務員 公立・私立学校教員 ほか

学生が取得している主な資格

中学校1種免許(社会、理科) 高等学校1種免許
(地理歴史、公民、理科)
司書教論 司書
学芸員 社会福祉主事 社会教育主事 測量士補
GIS学術士 地域調査士

関連リンク