このページに掲載されている内容について、疑問やご不明点などございましたらお気軽にお問い合わせください。 お問い合わせフォーム

化学科

日本大学文理学部> 学科•大学院> 化学科

このページの内容を印刷

化学科

化学科
化学科は、将来の化学および科学技術の発展に貢献できる人材を育成することに努める、日本大学唯一の理学系化学科です。
化学は21世紀の地球が直面している諸問題の解決に対して大きな役割を果たす事が期待されている学問です。本化学科は日本大学唯一の理学系化学科として、将来の化学および科学技術の発展に貢献できる人材を育成することに努めています。化学の基礎と実験を重視し、有機化学、無機化学、物理化学、生物化学、分析化学、地球化学などの幅広い研究分野を対象として教育・研究を推進しています。

1.教育研究上の目的

21世紀における資源やエネルギー源の枯渇、食糧不足、人口問題、環境問題など、人類が繁栄するために解決しなければならない諸問題に対して、『化学』が果たす役割には大きなものがあると言えます。日本大学における唯一の理学系化学科として、このようなニーズに応えるために、化学分野はもちろんのこと、他分野との境界領域に踏み込んでいくための力量を身に付け、化学およびその関連分野で活躍できる技術者・研究者を養成します。ならびに中・高等学校の理科教員の養成も目的とします。

2.教育理念・目標

本学科における教育は、基礎から応用までの幅広い化学知識と技術を兼ね備えた人材育成を目標とします。1年次では化学の基礎を学ぶと共に、化学を学ぶために必要な数学、物理学等の知識を修得します。2年次では特定の分野に偏ることなく、化学の専門である有機化学、無機化学、分析化学、物理化学、および生物化学の知識と技術を広く学びます。3年次ではより専門的な知識・実験手法の修得及び応用的な知識を修得します。4年次では研究室に所属して一年間かけて卒業研究に取り組み、その成果を卒業論文としてまとめ、卒業研究発表会でプレゼンテーションを行います。

3.アドミッション・ポリシー

文理学部のアドミッション・ポリシーのもと、環境問題、エネルギー資源の枯渇等、人類の抱える諸問題に対し、化学的視点からの解決を目指すことを目的とし、基礎的・専門的な知識と技術を習得し、それらを生かして社会に幅広く貢献しようという学生を迎え入れます。

平成27年度就職分野

化学科の卒業生は、様々な分野で活躍しています。製造業、卸売、小売業、情報通信業に就職する学生が多く見受けられます。また、教員や塾講師など教育・学習支援業に1割が就職しています。他にもサービス業、運輸業、公務員など、多岐にわたる分野で化学科の卒業生が求められています。

平成27年度就職分野(化学科)

主な就職先

みずほフィナンシャルグループ 三井住友海上火災保険 東日本旅客鉄道 NTT東日本
日本食研ホールディングス シーボン 大日本住友製薬 協和発酵キリン
科研製薬 川澄化学工業 エスケー化研 双葉電子工業
スリーボンドホールディングス タクミナ ワコール T&K TOKA
ユニバーサル製缶 巴商会 井田産業 イシダ
国家・地方公務員 公立・私立学校教員 ほか

学生が取得している主な資格

中学校1種免許(理科) 高等学校1種免許(理科) 司書教論 司書
学芸員 毒物劇物取責任者 など

■卒業後に要試験

危険物取扱者(甲種) 技能2級士 技能(化学部門)共通科目免除
技術士補共通科目免除 ガス溶接作業主任者(要実務経験) 作業環境測定(要実務経験)

関連リンク