会長挨拶

ホーム会長挨拶

ご挨拶・総会を終えて

文理学部校友会 会長 江藤 輝一
文理学部校友会 会長
早田 卓次

この度、日本大学文理学部校友会会長の職を拝命することになりました、昭和38年体育学科卒業の早田 卓次(はやた たくじ)と申します。
まず初めに、熊本地方で起きました地震災害、また5年前の東北地方の震災、最近の異常気象による被害を受けられた被災者の皆様に心よりお見舞い申し上げ、1日も早い復興、復帰をお祈り申し上げます。
さて、現在の文理学部校友会は前任の江藤輝一先生の多大なご尽力のおかげで、文理学部校友会が日々充実・発展され校友の会員数も増し、ここ数年、大きな発展を遂げてまいりました。
オリンピック・イヤーの今年は、文理学部3号館にて、平成28年度文理学部校友会総会・懇親会を開催いたしました。
同会は予定の議事をすべてご承認いただき、滞りなく終了いたしました。今年は、目標として正会員500人をめざし計上しました。
引き続き懇親会を、1階のカフェテリア「秋桜」に於いて、日本大学文理学部校友会・文理学部体育学科同窓会・日本大学校友会東京都第三支部の合同でご来賓の方々、会員合わせて260余人のご参加をいただき盛会裡に終了いたしました。
日本大学理事長 田中 英壽 様、日本大学副学長 加藤 直人 様(日本大学文理学部長)をはじめ、各学部校友会、都道府県支部校友会の方々にご出席を賜り、本会に花を添えていただきました。
懇親会の挨拶、乾杯の前に、特別企画として「2016リオデジャネイロオリンピック・パラリンピック」をテーマに文理学部で教鞭を執られているスペシャリストの水嶋宏一氏、野口智博氏、金野潤氏、村上幸史氏の4名の先生方にご協力をいただき、体操の内村航平選手、柔道の原沢久善選手、陸上のケンブリッジ飛鳥選手、パラリンピック水泳の木村敬一選手らの名前を挙げてリオ大会の見どころを話していただきました。
会場のご来賓の方々、ご出席の皆様は各先生の話を聞きながら8月5日から開催される五輪大会の日本選手団の活躍に大きく期待を寄せている様子が伺えました。
オリンピックの話で盛り上がったところで、田中英壽理事長、加藤直人学部長にご挨拶を頂戴して、文理学部校友会阿部秀人副会長の右肩上がりの乾杯の御発生で懇親の会に移りました。
ご出席の皆さんは、お互いに職場・年齢を超えて短い時間を最大限に利用して、賑やかに会が進み最後まで文理学部世田谷の話で盛り上がりました。
閉会の前に、前江藤輝一会長、町田広重副会長のお二人に、長きに亘る役務の遂行に感謝状と記念品をお贈りいたしました。
和やかなうちに閉会の時間を迎え、一箭正孝副会長の締めの言葉とご参加いただいた皆様と一緒に一本締めで幕を閉じました。
日本大学校友は今年で113万人を数え、日本一の組織に成長され平成27年度卒業生2,026名、平成28年度新入生2,117名が新たに会員・準会員に登録され、教育日本一をめざし、日本大学を支えております。文理学部校友の皆様も絶大なるご支援、ご協力をお願い申し上げます。

  • 日本大学文理学部 公式Facebook
  • ホームカミングデー
  • 日本大学文理学部
  • 会員募集
  • お問い合わせ