本文へスキップ

日本大学文理学部化学科/日本大学大学院総合基礎科学研究科相関理化学専攻

理科教室TOPICS

藤森研では教員志望者が多いこともあり,積極的に理科実験のボランティア等に協力しています!

2014年度 >>

雪谷中学校 理数フロンティア校事業

1月24日(土)に東京都理数フロンティア校事業の一環をして大田区立雪谷中学校で開催された理科公開実験講座を担当しました。そこで「液体窒素を使った実験」「スライムを作ろう」を行いました。近隣の小学生・保護者が200名以上も参加してくれました!午後には連携授業「錬金術師の夢」も行いました!

松沢小学校 わくわくサマースクール2014

世田谷区松沢小学校で開催された「わくわくサマースクール2014」に今年も参加しました!藤森研は7月25日(金)の午前中に,好評の『炭酸ジュースを作ろう!』を行いました。午前中に2回,各定員30名で実験を行いました。

2014年度科学実験・文化フェア

7月19日(土)に小中学生を対象に,日本大学文理学部百周年記念館で文理学部主催,世田谷区後援の『科学実験・文化フェア』が開催されました。藤森研は「自分で作ろう!−ぷよぷよスライム」「塩で冷やすぜ!−アイスキャンデー」を行いました。

2013年度 >>

松沢中学校 中大連携事業

3月13日(木)に中大連携事業として松沢中学校3年生の学生が大学見学にやってきました。藤森研では,液体窒素を使った簡単な演示実験を見学してもらいました。

雪谷中学校 理数フロンティア校事業

1月25日(土)に東京都理数フロンティア校事業の一環をして大田区立雪谷中学校で開催された理科公開実験講座を担当しました。そこで「液体窒素を使った実験」を各種行いました。近隣の小学生約200名も参加するなど,盛況でした!

千葉市立千葉高等学校 SSH

12月24日(火)に千葉市立千葉高等学校のスーパーサイエンスハイスクール(SSH)の一つとして機器分析講座U「NMRおよびGC-MSを用いた物質の構造決定(基礎)」を担当しました。午前は講義,午後は各自が合成した試料のNMRおよびGC-MS実験を行いました。

松沢小学校 わくわく体験教室2013

世田谷区松沢小学校で開催される「わくわく体験教室2013」に今年も参加しました!藤森研は8月1日(木)の午前中に,『炭酸ジュースを作ろう!』を行いました。午前中に2回,各定員30名で実験を行いました。自分で作った炭酸ジュースの味に一喜一憂していました。

2013年度科学実験・文化フェア

2013年7月20日(土)に小中学生を対象に,日本大学文理学部百周年記念館で文理学部主催,世田谷区後援の『科学実験・文化フェア』が開催されます。藤森研は「自分で作ろう!−ぷよぷよスライム」「塩で冷やすぜ!−アイスキャンデー」を行いました。 ご参加いただいた皆様,ありがとうございました。

2012年度 >>

千葉市立千葉高等学校

12月22日(土)に千葉市立千葉高等学校の機器分析講座U「NMRおよびGC-MSを用いた物質の構造決定(基礎)」を行いました。午前は講義,午後は各自が合成した試料のNMRおよびGC-MS実験を行いました。

松沢小学校 わくわく体験教室2012

世田谷区松沢小学校で開催される「わくわく体験教室2012」に今年も参加しました!藤森研は7月27日(金)の午前中に,『炭酸ジュースを作ろう!』を行いました。午前中に2回,各定員30名で実験を行いました。自分で作った炭酸ジュースの味に一喜一憂していました。残念ながら抽選ではずれてしまい,参加できなかった学生もいるとのこと。来年度お待ちしています。

2012年度科学実験・文化フェア

2012年7月14日(土)に小中学生を対象に,日本大学文理学部百周年記念館で文理学部主催,世田谷区後援の『科学実験・文化フェア』が開催されます。藤森研は「自分で作ろう!−ぷよぷよスライム」「塩で冷やすぜ!−アイスキャンデー」を行いました。世田谷区の小学校が登校日のため,午前中の人出は少なく,ゆっくりと小中学生が実験を楽しんでくれました。

2011年度 >>

千葉市立千葉高等学校

12月26日(月)に千葉市立千葉高等学校の機器分析講座U「核磁気共鳴(NMR)でみる分子の世界」を担当しました。午前は講義,午後は各自が合成した試料のNMRおよびGC-MS実験を行いました。

松沢小学校 サマースクール2012

世田谷区松沢小学校で開催された「サマースクール2011」に今年も参加しました!藤森研は7月28日(木)の9:30-12:00に,『飛ばそう手作りブーメラン』を行いました。参加費は50円でしたが,定員30名を超える申し込みがあったとのことです。当日はあいにくの雨で,校庭でブーメランを飛ばすことが出来ませんでしたが,子供達は上手に工夫しながら自分だけのブーメランを作成していました。お手伝いいただいた保護者の方々,学校関係者の方々にお礼申し上げます。

2012年度科学実験・文化フェア

2011年7月16日(土)に小中学生を対象に、日本大学文理学部百周年記念館で文理学部主催,世田谷区後援の『科学実験フェア』が開催されます。藤森研は「自分で作ろう!−ぷよぷよスライム」「塩で冷やすぜ!−アイスキャンデー」を行いました。多くの方のご来場、ありがとうございました。

2010年度 >>

千葉市立千葉高等学校 SPP

12月24日(金)に千葉市立千葉高等学校のサイエンスパートナーシッププログラム(SPP)「物質の正体を探る」の一つとして機器分析講座「核磁気共鳴(NMR)でみる分子の世界」を担当しました。午前は講義,午後は各自が合成した試料のNMRおよびGC-MS実験を行いました。

松沢小学校 わくわく体験教室2011

2010年7月27日(火)〜8月4日(水)に世田谷区松沢小学校で開催された「わくわく体験教室2010」に参加しました。藤森研は7月29日(木)の14:00-15:00,15:15-16:15の2回,『廃油でecoな手作りろうそく』を行いました。高学年の小学生約20名が参加してくれました。真剣にろうそく作りに取り込み、お持ち帰り用にアロマキャンドルも作りました。小学生は楽しんでくれたかな?

2010年度科学実験フェア

2010年7月19日(土)に小中学生を対象に、日本大学文理学部百周年記念館で文理学部主催,世田谷区後援の『科学実験フェア』が開催されました。藤森研は「自分で作ろう!−ぷよぷよスライム」「塩で冷やすぜ!−アイスキャンデー」「水で発電!−ペルチェ素子」を行いました。スライム作りは短時間でできることから250人以上の小中学生が参加してくれました。文理学部全体では600人を超える方々に参加していただきました。多くの方のご来場、ありがとうございました。

2009年度 >>

千葉市立千葉高等学校 SPP

12月26日(土)に千葉市立千葉高等学校のサイエンスパートナーシッププログラム(SPP)「物質の正体を探る」の一つとして機器分析講座V「核磁気共鳴(NMR)でみる分子の世界」を担当しました。午前は講義,午後は各自が合成した試料のNMRおよびGC-MS実験を行いました。

2009年度科学実験フェア

2009年7月18日(土)に小中学生を対象に、日本大学文理学部百周年記念館で文理学部主催,世田谷区後援の『科学実験フェア』が開催されました。藤森研は「自分で作ろう!−スーパーボール」「塩で冷やすぜ!−アイスキャンデー」「水で発電!−ペルチェ素子」を行いました。それぞれ200人近い子供たちが実験に参加してくれました。多くの方のご来場,ありがとうございました。

2008年度 >>

千葉市立千葉高等学校 SPP

12月20日(土)に行われた千葉市立千葉高等学校のサイエンスパートナーシッププログラム(SPP)の一つである機器分析講座「物質の正体を探る(1) 核磁気共鳴(NMR)でみる分子の世界」を担当しました。午前はNMRの基礎を講義で学び講義,午後は実際のNMR測定とガスクロマトグラフィの測定を行いました。

2008年度科学実験フェア

2008年7月19日(土)に小中学生を対象に日本大学文理学部百周年記念館で文理学部主催、世田谷区後援の『科学実験フェア』が開催されました。藤森研は「自分で作ろう!−入浴剤」「塩で冷やすぜ!−アイスキャンデー」「水で発電−ペルチェ素子」を行いました。入浴剤とアイスキャンディーの実験は1回15分程度でしたが、それぞれ100人を超える小中学生が実験に挑戦してくれました。水を使ったエコ発電も好評でした!

2007年度 >>

千葉市立千葉高等学校 SPP

11月17日(土)に千葉市立千葉高等学校のサイエンスパートナーシッププログラム(SPP)の一つとして科学実験講座「自作分光器によるBalmer系列の観測とRydberg定数の決定」を行いました。フィルム回折格子を用いて分光器を自作し,回折格子定数の決定,Rydberg定数の決定等を行いました。

2007年度科学実験フェア

2007年7月23日(月)に日本大学文理学部百周年記念館で開催された文理学部、世田谷区、杉並区共催の科学実験フェアで,藤森研は「人工イクラを作ってみよう」「湿気とりでアイスキャンディー」を行いました。人工いくらを合成し天然と人工いくらの見分け方の実験や,100円ショップの商品と氷と湿気取りや塩を使ってアイスキャンディーを作るなど,夏らしい実験に大勢の子供たちが集まってくれました。