ここは日本大学文理学部化学科のサイトです。




・小林研究室






TOP研究室紹介>小林研究室

物理化学系 ━小林研究室━
 新規な機能を持つ分子物質を設計し、開発すると共に、電気的、磁気的実験や低温、高圧下などの条件下での実験を通し、それらの新規物性の由来を解明することをめざしています。具体的なテーマとしては、以下の3つのテーマを中心に研究を行っています。

研究テーマ
単一分子性金属の開発
分子磁性超伝導体
新規な誘電性・磁性分子物質の開拓

STAFF
PROFILE  
1967年 東京大学理学部化学科卒業。
1972年 東京大学大学院理学系研究科博士課程修了、理学博士の学位を受ける。
1972年 東京大学理学部助手。
1993年 東京大学大学院理学系研究科助教授。
1998年 日本結晶学会賞受賞。
1999年 東京大学大学院理学系研究科附属スペクトル化学研究センター教授。 
2006年 4月より日本大学文理学部化学科教授。東京大学名誉教授。
2006年 錯体化学会賞受賞。 
2009年 ロレアル・ユネスコ賞受賞

所属学会
日本化学会、日本物理学会、日本結晶学会、アメリカ化学会

 

Akiko Kobayashi
教授 小林昭子

Email
Phone
03-3329-1151
Fax
03-3303-9899
 

Group HomePage


PROFILE  
2011年3月 日本大学文理学部化学科卒業
2013年3月 日本大学総合基礎科学研究科相関理化学専攻博士前期課程修了。
2013年4月より 日本大学文理学部化学科助手B

所属学会
日本化学会
Yuki Idobata
助手B 井戸端裕樹
Email
idobata.yuuki@nihon-u.ac.jp
Phone
03-5317-9680
Fax
03-5317-9433

著作

1. A Three-dimensional Synthetic Metallic Crystal Composed of Single Component Molecules, H. Tanaka, Y. Okano, H. Kobayashi, W. Suzuki, and A. Kobayashi, Science, 291, 285-287 (2001).


2. Magnetic-field-induced Superconductivity in Two-dimensional Conductor, S. Uji, H. Shinagawa, T. Terashima, C. Terakura, T. Yakabe, Y. Terai, M. Tokumoto, A. Kobayashi, H. Tanaka, and H. Kobayashi, Nature, 410, 908-910 (2001).


3. Single-component Molecular Metals with Extended-TTF Dithiolate Ligands, A. Kobayashi, E. Fujiwara, and H. Kobayashi, Chem. Rev.,104,5243-5264 (2004).


4. Organic Metals and Superconductors Based on BETS (BETS=bis(ethylenedithio) tetraselenafulvalene), H. Kobayashi, H. Cui, and A. Kobayashi, Chem. Rev.,104,5265-5288 (2004).


5. Ferroelectric Porous Molecular Crystal, [Mn3(HCOO)6](C2H5OH), Exhibiting Ferrimagnetic Transition, H. Cui, Z. Wang, K. Takahashi, Y. Okano, H. Kobayashi, and A. Kobayashi, J. Am. Chem. Soc. 128, 15074-15075 (2006).


Copyright(C), 1999 Department of Chemistry, College of Humanities and Sciences, Nihon University