このページに掲載されている内容について、疑問やご不明点などございましたらお気軽にお問い合わせください。 お問い合わせフォーム

平成26年度 インターンシップ実施状況

日本大学文理学部> 就職支援> 平成26年度 インターンシップ実施状況

このページの内容を印刷

平成26年度 インターンシップ実施状況

平成26年度 インターンシップ実施状況

公務員インターンシップ実施状況

公務員インターンシップ(参加者計28名)

(1)文理学部提携先インターンシップ
6月4日(水),6日(金)の12時20分から12時50分に就職指導課内にて文理学部提携先官公庁8団体に対し,参加希望者36名を面接しました。うち7名が参加となりました。
<実施団体>
世田谷区役所,ギリシャ大使館,東松山市,水戸市,湖西市,八街市,三郷市

(2)公募型インターンシップ
学生が希望の官公庁のインターンシップの有無を調べて応募します。大学(就職指導課)を通して取りまとめの上,出願となり,自治体ごとに書類選考を実施します。22名が参加となりました。
<実施団体(合格者)>
総務省,東京都,埼玉県(2名),群馬県(2名),千葉県,長野県(2名),静岡県,富山県(2名),杉並区,横浜市,千葉市(3名),長野市(2名),流山市(2名),大和市

・インターンシップの事前事後指導
各インターンシップ参加者には7月23日(水),24日(木)の12時20分から12時50分に事前指導を実施しました。参加への心構え,目的の明確化を図りました。また,リフレクションシートを課題に与え,実施後
10日以内の作成と就職指導課への提出を義務付けました。そのシートを基に10月23日(木)18時から20時に公務員インターンシップ反省会を実施し,リフレクションシートを基にした発表と傾聴により,参加者の内省と見聞を広げます。

教職インターンシップ実施状況(提携校インターンシップ)

・横浜英和女学院中学高等学校 (担当 : 数学科  山浦義彦)
参加者 2名 (4年生1名, 大学院修士2年生 1名) 私立学校で数学を教えるとはどういうことかを中心に, 授業観察, 生徒からの質問応答, 小テスト採点などを題材として, 当校に勤められている小池直彦教諭(本学数学科OB)のきめ細かい指導を受けております。 2名には, 当日の内容や感想をノートにまとめて提出してもらっております。

・世田谷区立芦花中学校,用賀中学校,芦花小学校 (担当 : 数学科  市原一裕)
参加者芦花中5名,用賀中3名,芦花小1名 (3年生8名, 4年生 1名(芦花小)) 数学科教職志望学生の支援を目的とし,数学科インターンシップ委員である市原がコーディネイトを行い,学部インターンシップの一環として実施しています。学科内で希望者を募り参加学生を選抜し,毎回の活動後には,報告書の提出を義務づけ,学期終わりには報告会を行っています。

・日本大学付属櫻丘高等学校(担当:数学科  市原一裕)(11月実施予定)
参加者未定 (主に2年生の予定) 数学科教職志望学生の支援を目的とし,高等学校の授業現場を観察させていただいています。今年度で5回目になりますが,今年度は櫻丘高校数学科主任の金子先生の授業を見学させていただく予定で,11月中旬実施を予定し,現在準備中です。参加学生については,数学科内で,主に2年生の中から希望者を募る予定です。活動後,報告書の提出を義務づけます。

・世田谷区立瀬田中学校(2名),世田谷区立用賀中学校(7名),世田谷区立芦花中学校(7名)(担当:体育学科  鈴木理)
教科(保健体育科)の指導補助や授業準備等を中心に,毎週定時に学校の教育活動に参加しています。また,特別な配慮を要する生徒の学習支援を行っています。実施状況については,参加学生から個別に報告を受けています。

・世田谷区立東深沢小学校(1名) (担当:体育学科  鈴木理)
小学校免許取得をめざしている者が教育実習を円滑に進められるよう,準備プログラムとして行っています。毎週定時に教育活動に参加し,学級運営,教科指導,校務分掌などの実践経験を積んでいます。教育実習の観察(研究授業)時にリフレクションを行う予定です。

・八王子市立由井中学校(3名)(担当:体育学科  鈴木理)
教科(保健体育科)の指導補助や授業準備等を中心に,毎週定時に学校の教育活動に参加しています。また,特別な配慮を要する生徒の学習支援を行っています。実施状況については,参加学生から個別に報告を受けています。

教職インターンシップ実施状況(聖パウロ学園高校エンカレッジコース)
【前期】

例年通り, 聖パウロ学園高校エンカレッジコースのご協力の下, 下記の通り2014年度前期インターンシップを実施し, 無事終了いたしましたことをご報告します。 前期のインターンシップは, 生徒指導, 生活指導中心の内容です。

参加者 国文 8名, 中文 3名, 英文 5名, ドイツ 1名, 教育 4名, 体育 13名, 数学 11名, 情報 2名, 物理 2名 (計 49名)

①第1回ガイダンス 4月14日月曜日 (学内スタッフのみで実施) (1時間程度)
インターンシップ概要と, 参加に対する心構えなどの説明を行いました。

②第2回ガイダンス 5月14日月曜日 (土屋弥生教頭先生) (1時間程度)
エントリー学生名簿をもとに聖パウロ学園高校の土屋先生により, インターンシップ参加日程表が提示され, 実際のインターンシップ内容, 心構え, 注意点などの説明がなされました。

③前期インターンシップ総括7月11日金曜日 (土屋弥生教頭先生)(1時間程度)
インターンシップを終え, もう一度「このインターンシップの目的は何だったのか」を復習しました。 2名の学生に口頭発表を依頼し, それを基として土屋先生から総括がなされました。

【後期】

後期も例年通り, 2014年度後期インターンシップを実施します。後期のインターンシップは教科指導を主眼としたインターンシップになります。対象は原則として, 前期インターンシップ参加学生であり, すでにエントリーを開始しております。関連する行事日程が確定しておりますので, 下に添付します。

①「後期インターンシップガイダンス」
10月10日(金) 18:00 -19:30 3204教室

②「校務分掌に関する実践指導」
12月 3日(水) 18:00 -19:30 3204教室

③「後期まとめリフレクション」
12月10日(水) 18:00 -19:30 3204教室

④「教職インターンシップ講演会」
1月17日(土) 14:40 – 18:00 3206教室

⑤「学校不適応経験者とのライブトーク」
3月 2日(月) 13:00 -18:00 百周年記念館会議室3