このページに掲載されている内容について、疑問やご不明点などございましたらお気軽にお問い合わせください。 お問い合わせフォーム

在学生VOICE

日本大学文理学部> 入学案内> 在学生VOICE

このページの内容を印刷

在学生VOICE

哲学科、2009年入学

哲学科、2009年入学

哲学は難しいというイメージがあります。しかし、哲学がいかに我々の生活に関わっているかを想像してみてください。「なぜ空は青いのか」、「なぜ人は美を感じるのか」、「善と悪の違いは何か」、人生で出会う疑問を解いてみたいと思いませんか?問題を発見し、その答えを考察することが哲学への最初の一歩です。

史学科、2008年入学

史学科、2008年入学

私は国家公務員を目指し、日々勉学に励んでいます。史学科には公務員を目指す仲間も多くいます。ゼミは日本近現代史の専攻ですが、社会学科の授業も取っていました。文理学部には17もの多彩な学科と授業があり、出席して視野を広げて行くことが重要です。これからも己の力を信じて叶うべき夢の先へと突き進んでいきます。

国文学科、2010年入学

国文学科、2010年入学

国文学科では、1年次に日本語学入門やテーマ研究、日本文学入門で基礎を身につけられて、自分がこれから何を研究していきたいのかを改めて考えるきっかけを与えてくれます。私は将来警察官を目指していますが、大学では自分が学びたい教科を文系理系問わず選択し、幅広く知識を取り入れようと考えて、今の科目を選択しました。

中国語中国文化学科、2008年入学

中国語中国文化学科、2008年入学

私は中国語と国語の教員免許取得を目指しています。サークルも中国語研究会に入り、中国語漬けの毎日です。しかし中国語を学ぶためには、歴史や文化など、その背景を学ぶことも必要です。免許取得に必要な科目の他にも、古典文学・現代思想、アジアの社会や文化などの授業を幅広く履修し、現代文学のゼミにも属しています。

英文学科、2009年入学

英文学科、2009年入学

英文学科では「読む」「聞く」「話す」といった様々な点から英語に触れることができます。また、夏の海外語学研修も魅力の一つです。そこでは日本人が苦手な「話すこと」に重点が置かれ、異文化理解にも繋がる授業が展開されます。ぜひ、目で、耳で、口で英語を学び、英語を学ぶ楽しさを実感してください。英語がもっと好きになるはずです。

ドイツ文学科、2008年入学

ドイツ文学科、2008年入学

大学でドイツ語を始め、その後特にドイツ語学に興味を持ち、現在学科設置の様々な語学系科目を履修しています。また、2年生の夏にはドイツでの語学研修に参加し、生のドイツ語に触れ、貴重な体験をしました。この学科は文学・語学・文化を総合的に学べる魅力的な学科です。皆さんもきっと興味ある何かに出会えますよ。

社会学科、2008年入学

社会学科、2008年入学

社会学は人間関係によって生じる社会現象や社会問題を解明する学問であると思います。私たちの生活のすべては他者との関係抜きには考えられないので、社会学の研究領域も私達の生活すべてがその対象となります。つまり自分が興味を持ったことは何でも研究対象にすることができる。それが社会学の特長であり、魅力であると思います。

教育学科、2008年入学

教育学科、2008年入学

私は中・高の保健体育科と、「小学校教員養成特別プログラム」で小学校教諭2種免許状取得を目指しています。卒業と同時に、小学校から高校までの教員免許状を取得できるのは強みです。教員になる夢を実現するために、志を同じくする仲間たちと切磋琢磨しています。学科の先生方も、学生を全力でサポートしてくれます。

体育学科、2010年入学

体育学科、2010年入学

シンクロナイズドスイミングの競技選手と大学生活の両立を目指して、毎日を過ごしています。授業では体のしくみや機能など、競技にも生かせるものも多く学んでいます。競技生活が忙しい時もありますが、体育学科には理解のある先生方が多くいらっしゃるので、自分の競技にのびのびと全力で取り組めています。

心理学科、2009年入学

心理学科、2009年入学

私は、心理学は気持ちや行動の原因を追及していく学問だと思っています。全てのことに人の「心」が関わっているので、心理学はとても幅広いです。専門性の高い先生の話を聞いていると、心理学に対する興味が尽きることはありません。3年からは青年期の心理について深く学んでいきたいと考えています。

地理学科、2009年入学

地理学科、2009年入学

地理学の醍醐味である野外調査では、現地で起きる様々な現象を幅広く学べ、学内外の先生や現地の方々と関わる機会も多いため、自分の興味や関心が広がります。地歴と理科の教職課程を履修していますが、教壇に立つ際には実際に目で見た事を自分の言葉で伝えることが大切なので、地理学科での経験は活きると思います。

地球システム科学科、2008年入学

地球システム科学科、2008年入学

地球システム科学科では、入学前に絶対に参加しようと思っていた海外実地研究に参加できました。その年の内容はハワイで火山について学ぶというもので、火山活動という絶えず続く地球の営みを目の当たりにして深い感銘を受けました。この授業では自然だけでなく、人や文化にも触れることができ、とても良い経験となりました。

数学科、2010年入学

数学科、2010年入学

大学では高校まで当たり前だと思っていたことを証明し、触れてこなかった内容に触れ、より厳密な数学を勉強します。その分内容は難しく、今までの数学との違いに戸惑うかもしれません。でも問題が解けたときは達成感を得られ、同時にその先の勉強が楽しみになります。私は数学科に入って、数学をより好きになりました。

情報システム解析学科、2008年入学

情報システム解析学科、2008年入学

情報システム解析学科では、情報化社会の技術や理論そして数学を学びます。授業では基礎的なことから教えてもらえるので、プログラミングに関する知識がない状態からのスタートでも安心して学ぶことができました。将来はIT関係の企業でこれまでの経験をいかしたいと考えています。

物理学科、2009年入学

物理学科、2009年入学

高校では物理を選択していなかったため、物理を学ぶのは初めてで不安でしたが、どの教科においても初歩から丁寧に指導していただき、大変わかりやすかったです。授業は小人数で進められるので、授業中の質問も気軽にできました。「量子物理学」「統計物理学」「相対性理論」や各実験など、それぞれの授業での学びが結びつき、物理学の面白さが感じられるようになりました。

物理生命システム科学科、2009年入学

物理生命システム科学科、2009年入学

この学科では、物理と生命科学を融合した新しい分野を学べます。実際の講義では、実生活の身近な例を取り上げているのでとてもわかりやすく、興味のわく講義内容になっています。この分野を学ぶことで、生物における新たな発見ができ、さらに生物に対する興味を持ちました。将来は生物学に携わる仕事に就きたいです。

化学科、2008年入学

化学科、2008年入学

小学校時代から実験が好きで化学科に進みました。大学に入ってから驚いたのは、化学には想像もつかない程、本当に様々な分野があるということでした。分野によって、学ぶべきこと、覚えるべきことが大量にありますが、非常にやりがいのある学問だと思います。毎日が発見と驚きと笑いで溢れていて、とても充実しています。

教職コース(地理学科、2009年度入学)

教職コース(地理学科、2009年度入学)

私は理科・社会の教員免許取得を目指し、教職コースを履修しています。学科専門科目に加え、教職科目、教科科目など、履修しなければならない科目は多いのですが、その分やりがいのあるコースだと感じています。また、教育実習をはじめ、このコースを履修しているからこそ体験出来ることもたくさんあります。それらの一つ一つが今後の自分に役立つものであり、大変ながらも充実した学生生活となっています。

司書教諭コース(地理教育学科、2008年度入学)

司書教諭コース(地理教育学科、2008年度入学)

司書教諭の役割は、学校教育に必要な資料や情報を収集・整理・保存し、児童・生徒や教員に紹介・提供することで、円滑で充実した教育体制を整えることにあります。最近では、総合的な学習の時間が導入されたこともあり、その役割はますます注目されています。私は社会科の教員を目指していますが、調べ学習を的確に指導できる力も身につけたいと思い、履修しています。教員を目指すすべての人に、挑戦して欲しいと思えるコースです。

司書コース(国文学科、2009年度入学)

司書コース(国文学科、2009年度入学)

私は、幼い時から読書が大好きで、図書館の司書になりたいと思い文理学部に入学しました。2年生から司書コースを履修しています。司書コースの授業は、図書館の基本的な仕事内容から運営形態、サービスなどを総括的に学ぶことができ、大変興味深い内容です。また文理学部には、すばらしい図書館があるので、実際に目で見て体験し、学習することができてとても便利です。司書の資格取得には最適な環境がそろっています。

学芸員コース(史学科、2008年度入学)

学芸員コース(史学科、2008年度入学)

私は高校時代に学芸員に興味を持ち、大学進学にあたり本コースのある文理学部へ入学しました。授業では、博物館に関する理論から資料の取扱い、調査方法等の実践に至るまで、先生方の丁寧な指導のもと、幅広い知識を深める事が出来ます。学芸員は専門的な知識に加えて、多方面の能力が要求されます。人や物に対して慈しみの心を持ち、真摯に向き合う学芸員を目指し、この道を歩んでいきたいと思います。

社会教育主事コース(教育学科、2008年度入学)

社会教育主事コース(教育学科、2008年度入学)

みなさん、教育というと学校をイメージしませんか。確かに、大学までの教育は学校が中心ですが、社会人になれば学校以外の場で教育を受けることが多くなります。また、近年、こうした社会教育と学校教育との連携も注目を浴びています。本学部では、そのアプローチの専門家として必要な基本的な知識も専門的な内容も学ぶことができます。卒業後は、本コースで学んだ知識を生かし、教育に関する仕事に就きたいと思っています。

アクチュアリーコース(数学科、2008年度入学)

アクチュアリーコース(数学科、2008年度入学)

このコースでは2年次から、夜間に経済学部校舎を利用してのアクチュアリー試験に向けた授業があります。この授業には他大学の学生や社会人も参加しているので、様々な人と交流ができ、試験勉強の刺激にもなります。決して簡単な資格ではありませんが、補講や合宿も行われ、先生方は熱心に指導して下さいます。また、OB・OGの方々とのつながりが強く、アクチュアリーとして働いている方々からお話を伺える機会もあります。

社会福祉コース(社会学科、2008年度入学)

社会福祉コース(社会学科、2008年度入学)

福祉はわたしたちの生活の中で、決して特別なものではありません。社会福祉コースは、学科の勉強をしながら福祉の知識や技術を学べることが魅力です。私は3年次の障害施設での現場実習で障がい者が社会参加を通じて地域や住民と深く結びついている様子や福祉の現場が置かれている現状を学びました。そこで、毎日やりがいをもって自分らしく生きる人々と出逢い純粋な笑顔と挑戦する勇気をもらいました。福祉は人と人とが支え合って共に成長していく場だと思います。将来は社会福祉士として福祉の現場で働きたいと考えています。