このページに掲載されている内容について、疑問やご不明点などございましたらお気軽にお問い合わせください。 お問い合わせフォーム

土屋峻彦さん

日本大学文理学部> 入学案内> 卒業生VOICE> 土屋峻彦さん

このページの内容を印刷

土屋峻彦さん

日本と海外をつなぐ「架け橋」になりたい。
いま私は、成田空港を舞台に、国際便の旅客業務に携わっています。

土屋峻彦さん

英文学科の出身です。中学の頃から英語は好きだったのですが、真剣に英語を究めたいと思うようになったのは、高校の時の修学旅行がきっかけでした。行き先は中国の北京。もちろん海外は初めて。異文化に触れて本当に刺激的な体験でした。日本以外のいろんな国の人たちともっと自由にコミュニケーションできたら、どんなに面白いだろう。英語を自分のものにしたい。それで文理学部の英文学科を志したのです。

大学時代は、学科での授業はもちろん、英語関係のサークルにも所属し、4年間本当に「英語漬け」の毎日でした。将来についても、学んだ英語を活かして、海外の人と接する機会がある仕事がしたいと。そしてここ「JALスカイサービス(株)」は、そんな私の希望をまさに満たしてくれる会社でした。

「JALスカイサービス(株)」は、成田空港での旅客業務を手がけている会社。搭乗手続きを行うチェックイン業務はじめ、お客様に安全確実に飛行機に乗っていただくための空港内のあらゆる仕事を手がけています。私も現在、搭乗ゲートでのご案内を行うトラフィック業務を担当しています。まだ入社して日が浅いので、いまはローテーションでさまざまな業務を経験しながら、旅客業務に対する理解を深めているところです。

「空港」といえば華やかなイメージがありますが、しかしそれを支える仕事は泥臭い部分もある。時間も不規則ですし、予期せぬアクシデントに対応したり……でも、一生懸命お客様のために尽くして、どの便も定刻にお客様を海外へ送り出すことができたときは、自分の仕事に誇りを感じますね。

それに、空港というたくさんの人が集う場所だからこそ、体験できる仕事の面白さも。以前、研修の一環でチェックイン業務を担当していたときのこと。私のカウンターに、ある男性の大学生のお客様がいらっしゃいました。カウンターのスタッフはほとんどが女性なのですが、男性の私が担当していたことに興味を持ったようで、『珍しいですね』と声をかけてこられた。それをきっかけに、手続きをしながらいろいろとお話を重ねていくうちに、その大学生の方が『僕も空港で働くことに興味があるんです。よかったら、また話をしてくれませんか』と。そこでアドレスを交換して、その方とはいまでも定期的にメールのやりとりをしています。そういう出会いもある。毎日が本当に刺激的ですね。

土屋峻彦さん

最近は、英語に加えて中国語も勉強しています。ここで働いて、海外への興味がますます強くなってきました。日本と海外の接点である「空港」を舞台に、たくさんの人に接し、いろんな経験を重ねて自分を磨き、日本と海外との架け橋になれるような人になりたい……いまはそんな思いです。

もっと聞きたいことを、土屋さんに直撃QUESTION!

Q. 大学ではどんなサークルに入っていたのですか?
A. 文理学部のESS(English Speaking Society:英語研究会)に所属していました。その名のとおり、英語を勉強することを目的としたサークルで、活動を通して外国の先生方ともたくさん交流しました。また、法学部や経済学部、商学部のESSとも連携して活動する機会も多く、よく水道橋の経済学部の校舎に出かけて、他の学部の人たちも交えて英語で議論したり、いろんなイベントを行ったりしていました。学部を超えて友人の輪が広がったのは良かったですね。
Q. 学生時代のいちばんの思い出は?
A. 3年生の時、日大主催の英語スピーチ大会で3位に入賞したことですね。各学部から数名選ばれて大会に参加するのですが、私は文理学部での選考をパスして代表に選ばれ、本大会で大勢の聴衆の前でスピーチしました。当時ちょうど、千代田区で「歩きたばこ禁止条例」がスタートした頃で、その話題をテーマに話しました。全学規模の大会で英語力や表現力が評価されたことは、私にとって大きな自信になりましたね。
Q. 就職活動を成功させた秘訣は何ですか?
A. 実は、就職活動を始めたばかりの頃は苦労したんです。「海外の人と接する仕事がしたい」という考えでいろんな会社にアプローチしたのですが、なかなか思っていることをうまく表現できなくて……でも、そうした経験を積むうちに、だんだんと自分をアピールする方法が見えてきました。「JALスカイサービス(株)」の面接では、自分の考えを素直に伝えることができ、やりたいことを、気持ちを込めて訴えることができた。それを認めてもらって採用されたんじゃないかと思っています。
Q. 英文学科で学んで良かったと思うことは?
A. 本当にいい環境で4年間を過ごせたと思っています。先生方にも、友人にも恵まれました。英語を勉強できたことはもちろんですが、まわりにいる方々との人間関係も含めて、かけがえのない経験をさせてもらったと思っています。卒業したいまでも、英文学科の先生方とはたまに連絡を取り合うなど、ずっとおつきあいをさせてもらっています。

土屋さんの学生時代の姿をチェック!

土屋峻彦さん

左上の写真は、日大での英語スピーチ大会の時の模様。いざ演壇に立つと、けっこう緊張しましたね(笑)。結果は3位。右上の写真は、スピーチ大会の打ち上げのひとこま。3位入賞を仲間に祝ってもらいました、真ん中の2枚は、文理学部で撮ったもの。外国の先生ともたくさん交流することができ、私にとってはとてもいい経験になりました。ちなみに一番下は、卒業式のときに先生を囲んで撮った写真です。

土屋峻彦さん

JALスカイサービス株式会社 土屋峻彦さん

2005年 英文学科卒
文理学部ではESSに所属し、とにかく英語漬けの毎日。
将来も、語学を生かして海外と触れる仕事がしたいとJALスカイサービス株式会社に入社。
現在、成田空港を舞台に海外へ飛び立つお客様のための旅客業務に携わる。