このページに掲載されている内容について、疑問やご不明点などございましたらお気軽にお問い合わせください。 お問い合わせフォーム

金澤直さん

日本大学文理学部> 入学案内> 卒業生VOICE> 金澤直さん

このページの内容を印刷

金澤直さん

若い人たちに数学の楽しさを伝えたい。視覚障害を乗り越えて、高校の先生になりました。

金澤直さん

数学が面白いと思ったのは、高校生の時です。数学の先生がとても魅力的な人で、ただ教科書に載っていることだけではなく、数学にまつわるトピックスをいろいろと話してくださいました。たとえば、オイラー数(多面体の点と辺と面の数の関係を表した公式)などを教えていただいて、へえ、図形にはそんな規則があるんだ、と純粋に好奇心をかきかてられたのです。

それで、数学のなかでも特に「幾何学」に興味を持ち、もっと深く勉強してみたいと数学科を志望しました。実は、私は生まれつき視覚に障害を持っています。小学生の時まではまだ少し視力はあったのですが、中学の頃からほとんど見えなくなりました。普通の人に比べれば少しハンディキャップがありますが、高校の先生に「数学科に進みたい」と相談したところ、『日大の文理学部の数学科は、視覚障害を持ちながら卒業した方がいらっしゃる』との話をうかがって、こちらに入学したのです。

学科では、まわりの方々にいろいろとサポートしていただきました。「日大」というと大きな大学だというイメージがありますが、「数学科」はこぢんまりとまとまって、いい意味で小さな空間でした。先生方との距離もとても近く、親身に教えていただきましたし、コンピュータ等の設備もしっかりしていましたので、思う存分「数学」に打ち込むことができました。

友人たちとの出会いも、ここで得た財産です。目が不自由な私のためにノートを読んでくれたり……夏休みや冬休みには、ファーストフードのお店にみんなで集まって、議論しながらいっしょに勉強していました。いい仲間たちに恵まれて、文理学部を選んで本当に良かったと思っています。

「教師」という職業は、将来の選択肢のひとつとして昔から漠然と考えていました。人と関わっていく仕事がしたかったんです。はっきりと決心したのは、学部の3年生の頃でしょうか。私が高校の時に、先生から教えてもらった数学の楽しさを、今度は私が伝えていきたい。そんな思いを抱いて、大学院でさらに研究を重ねた後、2005年の春から埼玉県の公立高校で数学教諭をつとめています。まだ新米の先生ですので、いまは教える技術をもっと高めていこうと努力しているところです。

金澤直さん

これをご覧になられているみなさんの中にも、障害をお持ちの方がいらっしゃるかもしれません。もし、やりたいことがあれば、あきらめないでチャレンジしてほしいと思います。他の人と同じようにはならないかもしれませんが、違うやり方はいくらでも考えられる。自分の可能性を狭めずに、いろんなことに取り組んでみてください。私自身も、そうして「やりたいこと」をかなえてきましたから。

もっと聞きたいことを、金澤さんに直撃QUESTION!

Q. 大学ではどんなテーマを研究していたのですか?
A. 「微分位相幾何学」というジャンルの幾何学を研究していました。どういう内容かといえば、たとえば地球は球形ですが、世界地図はそれを平面で表していますよね。つまり、3次元の図形を2次元に置き換えている。このように、球面上の図形を違う次元で表すことを研究していました。昔から私は、図形をいろいろといじるのが好きだったんです。同じ形のものが、見方によっていろいろと変化するのが面白かったですね。
Q. 大学院に進んだのはどうしてですか?
A. 学部のときにはもう「先生になろう」と決めていたのですが、数学科の担当教授の鈴木先生に『将来教員になるにしても、もう少し深く研究しておいたほうがいいよ』とアドバイスをいただいて、私の研究テーマを手がけている北海道大学の大学院に進みました。北海道での生活も楽しみました。札幌ハーフマラソンにも出場したんですよ。スポーツはもともと好きなんです。
Q. 学生時代の思い出は?
A. 点字サークルの方々とバレーボールのチームをつくって活動していました。「フロアバレー」と呼ばれる、視覚障害者向けにアレンジされたバレーボールの競技があるんです。一生懸命練習して、関東圏での大会に出場してベスト4まで進んだこともありました。チームの仲間たちとの交流も楽しかったですね。
Q. 将来はどんな先生をめざしていますか?
A. 教師という仕事のやりがいを感じるのは、やはり私が教えたことに対して、学生のみなさんが「本当に理解してくれた」と実感できる時。ですから、これからも常に学生の視線で、数学を教えていきたいと思っています。試験でいい点数を取ることも大事ですが、純粋に「数学が面白い」と感じてくれるような高校生を、一人でも多く増やしていきたいですね。それがいまの私の思いです。
金澤直さん

高校数学教諭 金澤直さん

2003年 文理学部数学科を卒業。
北海道大学の大学院を修了した後、2005年4月より埼玉県内の公立高校の数学教諭に。