このページに掲載されている内容について、疑問やご不明点などございましたらお気軽にお問い合わせください。 お問い合わせフォーム

稲垣明美さん

日本大学文理学部> 入学案内> 卒業生VOICE> 稲垣明美さん

このページの内容を印刷

稲垣明美さん

中国に魅せられて、中国で暮らして12年。いまは上海の多国籍企業でマネージャーをつとめています。

稲垣明美さん

いま私は、中国の上海で仕事をしています。上海の街の中心部に、「上海商城」というオフィスやアパート、ショップ、レストラン、劇場などが複合した施設があるのですが、そこが私のオフィス。この「上海商城」を管理する会社につとめています。欧米系の企業で、オフィスにはいろんな国籍の社員がいるのですが、日本人は私だけ。そんなインターナショナルな環境で日々暮らしています。

もう中国に来て12年ほどになります。実は、文理学部に入学した頃は、それほど中国に対して強い思い入れは持っていなかったんです。海外に漠然と興味は持っていたのですが、中国文学科を選んだのも、英語が苦手で「中国語なら漢字だし、なじみやすいかな」といういい加減な動機でした(笑)。

転機になったのは、大学3年の時の北京への短期留学でした。1ヶ月間という短い期間でしたが、本当にカルチャーショックでしたね。想像していたよりもエネルギッシュで、ここで仕事ができれば、いろんな刺激を受けて自分が大きく成長できそうだ、と思ったのです。それをきっかけに、将来の夢がはっきり見えるようになって、真剣に中国語を勉強するようになりました。

大学卒業後、最初に就職したのは貿易会社。中国語が話せたので北京に駐在し、商品の輸入を手がけていました。しばらくして、日本のビールメーカーが、現地企業と合弁で北京にホテルを経営しておりそのホテルの営業の責任者が日大OBの方で、声をかけてもらったのです。実はそのメーカーは、学生の時、私が就職したいと憧れていた企業。それで運よく採用になって……3年ほどそのホテルに勤めました。

そして今度は、そのビールメーカーが上海で新しい会社を立ち上げるという話が私のもとへ。当時私は『上海でも働いてみたい』とひそかに思っていました。新しい会社を立ち上げるのは面白そう。これはチャンスだと参加したのです。が、そのプロジェクトはうまくいかず、結局撤退して……精神的にも落ち込みましたね。でも、このまま日本に帰ってしまうのは悔しい。その頃はもうすっかり中国の魅力に取りつかれていましたので、何とか中国で働き続けたいと一生懸命自分で仕事を探し、いまの職場を見つけたのです。

稲垣明美さん

いまの会社は「実力主義」。国籍も性別も関係ない。がんばれば評価してくれますし、私も現在、マネージャーのポジションを任されています。仕事も、自分で「こんなサービスをしたい」と思えば、やらせてもらえる。いまの職場にはとても満足しています。これからは「中国」という枠を超えて、どんな国の人とも自由にコミュニケーションできる、本当の「コスモポリタン」をめざしていきたいと思っています。

もっと聞きたいことを、稲垣さんに直撃QUESTION!

Q. いまはマネージャーをつとめているとのことですが、具体的にはどんな仕事を?
A. 「上海商城」という施設のなかには、オフィスやアパートもあります。オフィスには、日本の大手企業もけっこう入居しています。こうしたオフィスやアパートを借りたいと希望する日本企業や日本人の方々に応対し、希望する物件を紹介して契約をまとめたり、あるいはすでに入居している方々からの、施設に関する問い合わせなどにお応えしていくのが私の仕事です。また、入居者の方々向けのサービスとして、パーティーなどのイベントを企画して開催することもあります。
Q. 上海での暮らしはいかがですか?
A. 面白いですよ。私の職場は、上海の繁華街の中心にあります。中国では映画人気が高く、まわりに劇場がたくさん。私も映画が大好きなので、仕事の帰りによく映画館に通っています。あと、上海には、日大OBの会があるんです。現地に駐在している方々を中心に、70~80名ぐらいの組織。中国文学科出身の4人で始めた会がこんなに大規模になりました。月に一度、みなさんで集まってイベントを開催。先日は、カニを食べにいくバスツアーに出かけました。この会でいろんな方と知り合いになって、中国でのネットワークも広がりましたね。
Q. 学生時代はどんなサークルに入っていましたか?
A. サイクリング同好会に所属していました。大学2年の夏休みに、1ヶ月間かけて自転車で北海道を一周。あれはいい経験でしたね。道中はいろいろと大変なこともあったのですが、自分の力で北海道一周を成し遂げたことで自信がついた。どこへいっても、どんな状況になっても、まあ何とかなる、と思えるようになりましたね(笑)。
Q. 「海外で働きたい」と考えている学生のみなさんへのアドバイスは?
A. 「夢」を持ち続けることが大切だと思います。そうすれば、自然とエネルギーが生まれてくる。私自身も、何度か挫折しそうになりながらも、「中国で仕事がしたい」と思い続けたことで、いろんなチャンスが巡ってきた。みなさんも、学生時代から自分の「夢」をしっかりと持ち続けてください。

稲垣さんの学生時代の姿をチェック!

上の2枚は、サイクリング同好会での合宿風景。真ん中の2枚は、北京に短期留学していたときのひとこま。1990年のことですから、もういまから15年以上も前の写真ですね。ちなみに一番下は、北京のホテルにフロントスタッフとして勤務していたときの写真です。

稲垣明美さん

上海商城 稲垣明美さん

1992年 文理学部中国文学科(現:中国語中国文化学科)を卒業。
2年間、中国文学科の副手をつとめた後、貿易会社に就職して北京に駐在。
その後、日本のビールメーカーが北京で経営するホテルのスタッフや、上海での新規会社立ち上げプロジェクトを経験した後、2000年から現在の仕事に。上海在住。