このページに掲載されている内容について、疑問やご不明点などございましたらお気軽にお問い合わせください。 お問い合わせフォーム

栗原由香里さん

日本大学文理学部> 入学案内> 卒業生VOICE> 栗原由香里さん

このページの内容を印刷

栗原由香里さん

「哲学」から入った私の興味は、ある先生のおかげで大きく広がりました。学生生活もとても豊かなものになりました。

栗原由香里さん

私は哲学科の出身です。もともと人間の「内面」に興味があって、倫理の授業とか好きでした。大学でもこうした方面を学びたいと考え、哲学科を志望したのです。日大の文理学科はあらゆる学科の授業が受講できると聞き、哲学のほかに心理学などにも関心を持っていましたので、いろいろなことが学べそうだと選びました。

文理学部の哲学科は、哲学だけではなく倫理学や宗教学もあわせて学ぶことができます。いろいろな科目に触れるなかで、特に興味を覚えたのが小林先生の「宗教学」。ゼミも小林先生のもとで学びました。それまで「宗教」なんて私には縁のない世界に思っていたのですが、小林先生の授業は宗教を通した「地域社会学」。教会や神社、お寺などが、その地域にどう関わっているのかを調査、研究していくことがテーマなのです。ゼミでは「フィールドワーク」が主体。実際に教会や神社などに足を運び、牧師さんや神主さんにインタビューして、自分なりに考えをまとめていく。その作業が面白かったですね。

卒業論文も、宗教文化が地域に及ぼす影響について研究しました。ゼミのフィールドワークで何度か足を運び、すっかりなじみになった秩父市の宮側町を舞台に、そこに暮らす女性の方々の帰属意識を調査。夏の町のお祭りの時、宮川町の婦人会にお願いして、私もその一員としてお祭りの準備をしたり、みなさんと一緒に働かせてもらいました。お祭りの夜には、お酒の席でみなさんと一緒に盛り上がったり……この活動を通していろいろな方と知り合うことができて、自分自身の世界も広がって、本当にいい経験をしたと思っています。一生懸命取り組んだことが認められて、学科内で「優等賞」もいただきました。

栗原由香里さん

小林先生には、就職活動でもいろいろとお世話になりました。早くから活動しなさいとアドバイスをいただいたり、自己PRの書き方などを教えていただいたり。就職にあたっては、私自身が興味を持てる仕事がしたいという思いもあって、宝飾業界を志望。そのうちの一社がこちらのジュエリーツツミでした。総合職として採用され、現在は板橋区の大山店で販売の仕事をつとめています。入社したばかりでまだまだ宝飾についての知識も浅く、勉強の毎日ですが、人と接する仕事は刺激があってやはり楽しいですね。たくさんのお客様とのふれ合いを通じて、自分をもっと成長させて、将来は店長クラスまでキャリアアップできたら……それがいまの私の目標です。

もっと聞きたいことを、栗原さんに直撃QUESTION!

Q. 学生時代に所属していたサークルは?
A. 「高原遊歩の会」というアウトドアのサークルに入っていました。私はそこで広報係を担当。文章や画を描くのが好きでしたので、サークルのミーティングの時に配るチラシや合宿のしおりなどを、けっこう気合いを入れて作っていました(笑)。サークルの仲間とは、卒業後も一緒に文化祭に行ったり、いまでも仲良くつきあっています。
Q. アルバイトはしていましたか?
A. 1年生の時から3年間、塾の先生をやっていました。個人塾で、中学生、高校生を相手にあらゆる科目を教えていました。この経験もあって、就職では一時、教育関係に進むのもいいかなと考えていました。
Q. ジュエリーツツミを就職先として選んだのは?
A. 企業としての規模も大きく、安定していたこと。そして「総合職」としての採用だったことに魅力を感じました。ツツミは単に宝飾品を販売しているお店ではなく、「製販一貫」、つまり自社で工場を持ち、海外での宝石の買い付けから加工、そして販売まですべて一貫して手がけている企業。ですから、販売だけではなく、いろんな仕事に関われるチャンスがある。将来は、海外に出向いて宝石の買い付けの仕事にもチャレンジできたらいいですね。
Q. いまの仕事のやりがいは?
A. まだまだ新人ですので、いまは宝石についての知識が自分の中にどんどん広がっていくことが楽しいですね。たとえば、ルビーとサファイアは色が違うだけで同じ石なんだとか…「へえ、そうなんだ」という新鮮な発見がたくさんあって面白いです。あとは、やはり店頭でお客様から『あなたがすすめてくれた宝石のほうが似合うわね』とお褒めの言葉をいただいたときですね。店長の接客ぶりを見ていると、お客様のほうから『どうもありがとう』とお礼をいただいている。本当はこちらがお礼を言う立場なのに…私もお客様に感謝されるような接客ができるように、店長や先輩のいいところを見習ってがんばっています。

栗原さんの学生時代の姿をチェック!

栗原由香里さん

上の4枚は、所属していたサークル「高原遊歩の会」でのスナップ。一番上の左の写真は、私の「お城が見たい」の一言で決まった小田原城への旅行。その隣はスキー合宿のひとこま。初めてスノボに挑戦しました。真ん中の左の写真は、上野動物園でペンギンと一緒に。右はテニスの合宿でみんなで海に遊びに行ったときの様子です。
一番下の2枚は、ゼミの仲間と小林先生を囲んで卒業式の時に撮った写真。文理学部での4年間で、本当にたくさんの思い出をつくりました。

栗原由香里さん

ジュエリーツツミ(株式会社ツツミ) 栗原由香里さん

2004年、文理学部哲学科を卒業。
在学時代は小林紀由先生のゼミに参加し、地域文化のフィールドワークに熱心に取り組む。
現在はジュエリーツツミ(株式会社ツツミ)に就職し大山店(東京都板橋区)で宝飾品の販売を担当。