このページに掲載されている内容について、疑問やご不明点などございましたらお気軽にお問い合わせください。 お問い合わせフォーム

高橋俊介さん

日本大学文理学部> 入学案内> 卒業生VOICE> 高橋俊介さん

このページの内容を印刷

高橋俊介さん

大好きな分野だから、研究活動も頑張れた。仕事を選ぶときも同じ。
強い意志があれば、きっと結果はついてくる。

高橋俊介さん

高校生の頃から旅行が好きで、列車を乗り継いでよく色々なところへと出かけていました。一人で夜行列車に乗り、秋田の祖母の家まで遊びに行ったこともあります。未知の場所を体験してみたいという思いが一倍強いんでしょうね。地理学科を選んだのも、見知らぬ土地を研究する面白さに惹かれたから。両親は法学部などを勧めていましたが、興味のない分野の勉強をするのはどうしても嫌で、反対を押し切って進学したんです。

大学の調査活動では、さまざまな場所を訪れました。大島、山梨、宮崎、静岡、熊本……ポルトガルまで足を伸ばしたこともあります。同じ目的をもった仲間と初めての土地を訪れ、新しい発見をする喜びは格別でした。様々な場所に足を伸ばすうちに、将来は旅の楽しさをより多くの人に味わってもらうために旅行業界で働きたいとも感じるように。でも、ある私鉄でアルバイトを経験したことで、将来の目標にさらに新しい選択肢が加わることになったんです。

アルバイトは駅の係員。勤務することになった駅は、他社線との接続があるため、安さや早さなど自社の優位性を訴えるPR活動がとても盛んでした。鉄道会社もサービス業。利用者の多様なニーズに応えなければ生き残れないという厳しい現実を、そのとき目の当たりにしたんです。と同時に、新しいサービスを生み出すことで事業を発展させられる鉄道の仕事の奥深さにも気づかされましたね。鉄道が、大好きな旅に関わる存在であることも魅力的でした。この業界で自分の力を試してみたい。就職活動は、鉄道業界を中心に進めようと決意しました。

高橋俊介さん

鉄道業界は人気が高い割に採用が少ないため、活動を絞るのは “賭け”のようなものでした。でも、働くなら自分の好きな分野で働いてみたいという強い思いが合格を引き寄せたのでしょうか、4年生の10月に、現在務めている東葉高速鉄道から内定をいただくことができたんです。 当社は設立から間もないため、沿線の開発もまだまだ発展途上の段階。だからこそ、住民の方々と一緒に街を作り上げていく喜びがあります。そしていつの日にか、「この町に住んでよかった」という沿線の方の声を、この耳で聞いてみたい。お客様に喜んでいただくための”仕掛け”をどんどん発信して、いつか夢を現実にしたいと思っています。

もっと聞きたいことを、高橋さんに直撃QUESTION!

Q. フィールドワークは、どんな風に行われるのですか?
A. 地域の特性から調査対象を絞り、班別に行動します。たとえば静岡県の富士宮の地域空間について調べたときは、「景観班」「商業・観光班」「まちづくり班」に分かれ、建物の色や素材、総数などの景観について、商店や消費者の実態などを撮影したり、地元の方にお話を伺うなどして調査しました。また、3・4年生が1・2年生の研究指導を行うため、学年を超えた交流が生まれることもフィールドワークの特徴。共に研究活動を行うことで、”兄弟”のような堅苦しくない絆が生まれるんです。
Q. 海外での研究活動では、何について調査したのですか?
A. ポルトガル・オランダの調査はリスボン6泊、ポルトガルの大西洋に浮かぶマデイラ島に5泊、アムステルダムに6泊という19日間に及ぶもの。私は「ツーリヅム班」に所属し、リスボンではカフェの分布について、マデイラ島ではホテルについて、またアムステルダムでは観光について調査しました。カフェの調査では、気になる店や有名店に入り、名物である甘いお菓子を食べたのですが、もの凄く甘くて3軒目でギブアップ(笑)。またホテルの調査ではスタッフの方に英語でヒアリングも行いました。
Q. フィールドワークを行うときに、常に心がけていることは?
A. 何にでも興味を持つことですね。自分には関係ないと思ったことでも、後で役立つことがあるんですよ。これは、仕事に取り組むときでも普段の生活の上でも同じだと思っています。
Q. 現在のお仕事にも、その姿勢が生かされていますか?
A. いつか開発の仕事を担当することが目標ですが、入社1年目の現在の配属は総務課。全職員238人分の給料を一人で計算しています。職員一人ひとりの勤務形態についても把握することになるので、自然と社全体の仕事の流れが分かってきました。また、担当外の業務も積極的に関わるようにしています。先日、当社主宰で行ったサマーコンサートにも有志として参加し、他部署の方と交流を深めることができました。

石川さんの学生時代の姿をチェック!

高橋俊介さん

向かって左側の一番上の写真は、大学1年生のとき、大島の三原山を訪れたときのスナップです。噴火の歴史や地層、海岸線などについて調査しました。真中は山梨の上ノ原、下は宮崎の綾町を訪れた時のもの。どちらも大学2年生のときに撮影したものです。 右側の写真は、大学4年生のときに訪れたオランダ・ポルトガルの海外実地研究時のもの。一番上がリスボンの街角。坂が多く市街地が急斜面に張り付くように広がっているのがこの街の特徴なんですよ。2番目がオランダの北海沿岸をバッグに撮影したもので、最後がマデイラ島。みんなで浴衣を着て夕食を食べに行った時のヒトコマです。女の子の浴衣姿は、現地の人にも好評でした(笑)。

高橋俊介さん

東葉高速鉄道株式会社 高橋俊介さん

日本大学豊山高校卒業後、
1999年、文理学部地理学科へ入学。
鉄道業界への就職の夢を叶え、2003年卒業後、東葉高速鉄道に入社。
入社1年目の現在は、本社の総務部総務課に勤務している。