このページに掲載されている内容について、疑問やご不明点などございましたらお気軽にお問い合わせください。 お問い合わせフォーム

文理学部のFD活動

日本大学文理学部> 学部紹介> 文理学部のFD活動

このページの内容を印刷

文理学部のFD活動

文理学部は、「よりよい授業」を目指して、1999年から教員を中心とした組織であるFD委員会を設けて活動を続けています。「FD」ということばは一般には、あまり馴染みのないものかも知れません。これは、Faculty Developmentの頭文字をとったもので、「授業改善」などと「翻訳」されることが多くあります。FD活動の内訳にはさまざまなものがありますが、煎じ詰めれば「よい授業」をめざしていろいろな改善努力を教職員一丸となって行っているということに尽きます。この活動は、現在では多くの大学で取り入れられてきていますが、文理学部ではもっとも早い時期に教職員組織として活動を始めており、全国に例を見ない充実したTA(Teaching Assistant)/GSA(Graduate Student Assistant)/SA(Student Assistant)制度の運営・管理などで注目を集めています。

FD活動や授業改善などに対する補助金

文理学部を特色づける活動として、「FD活動や授業改善などに対する補助金」があります。これは、文理学部の専任教員がFD活動や授業改善活動などに取り組む際に必要となる諸経費を大学が負担し、その活動を支援することを目的としたものです。この補助金制度を用いて文理学部の学生にふさわしい独自の教科書づくりや、新しい授業形式の模索、授業成果の刊行やウェブサイトへのアップなどが行われています。この補助金を用いて「よりよい授業」をめざした新しい試みが行なわれ、日々の授業に反映されています。

授業理解を深めるのに役立つ文理学部のTA/GSA/SA制度

文理学部では、TA(Teaching Assistant),GSA(Graduate Student Assistant),SA(Student Assistant)制度を導入しています。TA制度は、実験や演習等の授業において専門的知識を持つ大学院生が教育的補助を行う制度であり、GSA・SA制度は、高度なスキルを持つ大学院生・学部生がコンピュータ科目等で学生の補助をする制度です。教員以外の補助者の存在は、より質の高い教育を提供できることになり、授業を受ける学生の満足度も上昇しています。また、実験・演習科目はもちろんのこと、文理学部では独自に大教室における授業や留学生のための日本語授業等にも本制度を導入し、さらにTA・GSA・SAに対し4月にガイダンスを実施するなど、より良い授業環境が実現するよう模索しています。

※ TA/GSA/SAに関する申請書類・実績報告書の様式等はFD関係申請書式のページをご覧ください。

学生・教員双方へのコンピュータ教育支援

文理学部には48台から154台のデスクトップパソコンを設置した教室が用意されています。
これらの教室において、1人1台ずつ実際に操作を行いながら授業を行う科目がコンピュータ科目を中心に数多く開講されています。コンピュータ機器の利用については受講学生の習熟度により授業理解度に差が生じることや突然の機器動作不良が発生することがあります。FD委員会ではこのようなコンピュータ科目に対してTA,GSA,SAを配置し授業支援を行い、授業理解度の向上を図っています。さらにこれらのTA・GSA・SA制度に関しては受講生からアンケート収集をe-Learningシステムを用いて行い毎年フィードバックにより充実した制度作りを行っています。一方授業担当者やTA向けにe-Learningシステム、学内情報機器の取り扱い方法や効果的な利用方法に関する講習会開催や優れた授業改善手法への協力など、授業担当者側への協力も委員会として行っています。

よりよい授業のために教員の勉強会や情報交換会を行っています

FD委員会では毎年、文理学部の授業環境の改善や教育技術の向上・支援などを推進するため、他大学でFDに携わる教職員・専門家を招いて「FD講演会」を実施しています。他の大学におけるFD活動の現状を知ることにより、文理学部のFDを組織化・推進するための問題点や課題を検討しています。いわば、教職員にとってのよりよい授業のための勉強会です。また、文理学部の教職員を対象とした「FDカフェ」も開催しています。これは、名前が示すとおり研究会・勉強会といったものよりも、もっとざっくばらんに、よりよい授業のためにはどのようにしたらよいか、などについて語り合う場として設けているもので、有意義な情報交換の機会となっています

学生も参加するFD活動

文理学部のFD活動は、開講されているそれぞれの授業をよりよいものとすることを主たる目的としています。研究とは異なり、授業はそもそも学生のために行われるものですので、授業をよりよいものとするためには、学生の声に耳を傾けることが不可欠です。そのために、文理学部では授業評価アンケートを実施していますが、2012年度から学生にも積極的にFD活動に加わってもらうことになり、「学生FDワーキンググループ」が組織されました。学生FDワーキンググループの活動としては、ワーキンググループの学生スタッフが中心となってプロジェクト教育科目の企画をしたり(学内)、学生FDサミットなどで他大学の学生FDスタッフと交流して他大学のFD活動の様子を学び文理学部で報告してもらったりすることを挙げることができます。なお,2012年度から、学生FDワーキンググループのニューズレターを刊行していますので、ご覧下さい。

「学生FDワーキンググループ Newsletter」Vol. 1(2012)

「学生FDワーキンググループ Newsletter」Vol. 2(2013)

「学生FDワーキンググループ Newsletter」Vol. 3(2014)

「学生FDワーキンググループ Newsletter」Vol. 4(2015)