このページに掲載されている内容について、疑問やご不明点などございましたらお気軽にお問い合わせください。 お問い合わせフォーム

エコキャンパス

日本大学文理学部> 学部紹介> エコキャンパス

このページの内容を印刷

エコキャンパス

電力見える化プロジェクト

電力削減と教育環境整備の両立を目指した省エネルギー型キャンパスの創成を目指した、文理学部の教職員を中心とした研究が、平成24年度日本大学理事長研究として採択されました。本研究は学内において既に行われている再生可能エネルギーと省エネルギーのための技術に関する研究資源を活用し、実用化を進めることを目的としています。詳細は研究のページをご覧ください。

エコアイスの導入

電力消費量が多い日中の電力を抑えるために、文理学部では夜間電力を用いた「エコアイス」を1999年に導入し冷暖房に利用しています。エコアイスは地下にある蓄熱槽に、夏は氷を、冬は温水を夜間電力で作製して蓄え、昼間の冷暖房に、その蓄えた熱エネルギーを活用するシステムです。エコアイスを文理学部キャンパスの冷暖房に用いることにより昼間の省電力化を行っています。

実験室廃水の再利用

エコキャンパスへの取り組み

文理学部では理学系実験室で排出される実験排水を処理する実験室廃水処理施設を有しています。実験廃水のうち汚染度の低い一般廃水は処理施設で物理的、化学的、生物学的に連続処理されます。処理水は、すべて5・6号館の中水道として再利用しています。